雄琴のソープは上質な一時を満喫させてくれる素晴らしい街

Ogoto

雄琴ソープは建物の大きさを楽しむ

遠くを見つめる女性

雄琴のソープはとにかくその界隈ではとても有名です。元々は温泉で周辺に知名度があったものの、ソープランドが出来てからはその温泉というイメージが払拭されるほどに有名になったこともあり、関西圏においては福原と並ぶソープ街として知られています。
さて、雄琴のソープといえば一番の特徴と言えば、各店の建物の大きさです。都内のラブホテルなんかよりも全然大きい店ばかりで、1万円台の格安店であっても吉原の6~7万円の高級店よりも広い部屋であることは珍しくありません。部屋や建物については、雄琴は日本一と言っても過言ではないでしょう。現在では法規制によって、新築や増改築などが認められておりませんので、今後ソープランドという業種が完全に淘汰されるか法改正がなされるまで、雄琴が日本一の箱の大きさを誇り続けることは間違い有りません。
雄琴のソープへ行くのであれば、是非この部分に注目してみると良いでしょう。部屋の広さはプレイ自体にはそれほど影響をもたらさないのですが、広い部屋でのプレイというのは解放感があって、気分的に満足感が大きくなるものです。これは雄琴だからこそ味わえるものですから、雄琴で遊ぶのであれば絶対に堪能しておきたいポイントと言えます。

latest recent